*英語でことわざ*


こんにちは。今日は英語のことわざをご紹介したいと思います。日本語でもたくさんのことわざがあるように、英語でも似たような意味で使われていることわざがあります。ことわざは英語でsaying 又はproverbと言います。
そもそもことわざとは、格言や教訓の意味を持つのでなんだか古そうなイメージがあるかもしれません。でもその言葉が作られてから何百年、何千年たった今でも”その通りだな”と思わせてくれるような深いことわざがたくさんあります。


日本と同じ意味で使われる英語のことわざ



・隣の芝は青く見える
The grass is always greener elsewhere.
The grass is always greener on the other side.

⇒”他人のものはなんでも自分のものより良く見える”という意味です。人間の欲深さが良く表されているなぁと大人になればなるほど意味が良くわかる言葉です。自分の今の状況に満足することって本当少ないですよね。周りから見たら自分の状況はすごく恵まれてたりするのに、周りを見渡すと上には上がいて自分の状況に不満を持ってしまう。自分自身の行動や状況に自信を持つことが必要ですね。

ちなみに私の大好きなディズニームービーのリトルマーメイドの歌の歌詞でもThe seaweed is always greener in somebody else's lake(他の湖では、海草がいつだって緑色に見える)とこのことわざのパロディが登場しています。

The seaweed is always greener
In somebody else's lake
You dream about going up there
But that is a big mistake
Just look at the world around you
Right here on the ocean floor
Such wonderful things surround you
What more is you lookin' for?

アリエルが地上の人間の生活に憧れている様子をセバスチャンが歌っていて、こんな素敵な人/ものたちに囲まれて海の中で生活しているのに、これ以上何を望むんだい?と海の生活の方がよっぽど良いよと説得しているシーンに使われているので、機会があればオリジナルの英語のまま観てみてください☆
ところでこの歌詞、文法的に間違いがあるのに気がつきましたか?セバスチャンはジャマイカ出身らしく、ディズニーが遊び心で作ったのでしょうか?ヽ(*・ω・)ノ


・鉄は熱いうちに打て/思い立った日が吉日
Strike while the iron is hot.
There is no time like the present.

⇒”善は急げ”という意味です。人生は全てタイミングだと私は思います。特に人との出会い。あのときあそこに行っていなかったら、声をかけなかったら、今の自分にとって大切な人になっていないだろうなっていうような人ってたくさんいませんか?チャンスを掴むのも逃すのもあなた次第です。今だ!!って思い立ったら行動してみたら人生変わるかもしれませんよ。


・郷に入れば郷に従え
When you are in Rome do as the Romans do.

⇒ブログを通して、皆様にもよくお伝えしているように特に海外に行った際は、"その国や土地の文化や習慣・法律に従わなくてはならない”という意味です。日本は歴史があり、鎖国期間も長かったため日本独自のルールや習慣が私たち日本人には強く根付いています。日本って建国何年なんだろうと調べてみると、紀元前660年2月11日に神武天皇(じんむてんのう)が即位したときから数えて、今年で2678年だそうです。日本すごって思いません?世界最古の国だそうですよ。日本よりも海外生活の方が合っていると思う私ですが、海外に出たからこそ素敵な歴史のある日本人に生まれたことは幸せなことだなと感じることができました。そういった意味でも、郷に入れば郷従えで、その国や土地の人のように生活することで見えてくる何か新しい発見があるはずです。


・失敗は成功のもと
Failure teaches success.
You learn from your mistakes.
No pain, no gain. (痛みなくして得るものなし)

No pain,no gainは直訳ではないですが、同じような意味なのでピックアップしました。短いけど、説得力のある言葉なので好きな人が多いようです。自分の失敗から成功へのヒントを見つける、人生そんな繰り返しですよね。


・人は見かけによらぬもの
Things are seldom what they seem.
You can't tell a book by its cover.

Don't judge a book by its cover.直訳すると「本を表紙で判断するな」という意味ですが、表紙(見た目)と中身は違うから”物事を見た目で判断してはならない”という意味です。個人的にこの言葉が好きで、会話の中にもよく使ったりします。例えば若いギャルっぽいママだから、子育てなんてできるわけがないとかっていう中年の人たち多いですよね。でも40代とかのママでも子育てを放棄している人もたくさんいますよね。または、外国人だからって英語しか喋らないと思ったら、流暢に関西弁を話す人に会ったこともあります。このようにこの世の中には見た目で判断すべきでないものが溢れています。見た目より良いギャップがある中身になるように自分を高めたいものですね♪


・一石二鳥
Kill two birds with one stone.

⇒1つの石で2羽の鳥を得ること、つまり”1つのことから2つの利益・効果を得ること”という意味です。私の大好きな言葉ですヾ(●≧∀)ノ笑 これはおそらく英語のことわざから日本に来た言葉のようです。例えば、車を使って通勤するよりも自転車を使った方が、節約ができるしダイエットにも良い。または、カナダ人の彼氏を見つけると、その国も文化も英語も学べて一石二鳥だ。ものの見方を変えてみると2つ以上のメリットを見つけることができます。


・光陰矢の如し
Time flies like an arrow

⇒”月日のたつのは、矢が飛んでいくようにとても早いものだ”という意味です。ネイティブはlike an arrowは言わずに、Time flies!だけいう人が多いですが同じ意味です。私はカナダに来て今月で2年になります。Time flies so quickly「時が経つのは本当に早い」と言うことができます。


今回は日本語が多めのレッスンになってしまいましたが、日常生活で使えそうな7つのことわざをご紹介しました。意外とことわざだと知らずに使ってて会話に溶け込んでいる言葉もあると思います。英語でも同じように使うことができたら、会話の幅が広がりますよね♪これ英語でなんて言うんだろう・・が少しずつでもなくなるようにコツコツ頑張りましょう(>∀<●)ノ

Chao!

By Peco
로그인사이트 아이디로 로그인
퀵로그인:Facebook 아이디로 퀵로그인 (로그인 유지 옵션 : 예) / 가입
[日本語] [English] [简体中文] [繁體中文] [한국] [Español] [Português] [Français] [हिन्दी]

© 2008-2018 Matsuesoft Corporation